愛犬の健康を守るフード選びのコツを紹介。

 

家族の一員である愛しい愛犬のため、グルメなドッグフードが多数販売されています。中には、肥満気味の愛犬のため、野菜だけを使用したベジタブルフードなるものもあるようです。犬に野菜を与え続けることは問題ないのでしょうか。

 

野菜

 

ベジタブルフードは犬にとっていいものなのか

 

豊富なビタミンやミネラルを含む野菜は、犬にとっても必要な栄養素を含む食材のひとつです。低カロリーのため、愛犬の肥満を気にする飼い主さんの注目を集めているようです。

 

ベジタブルフードは、野菜のみを使用したフードで、野菜のうまみがぎっしりと詰まっています。野菜の甘味やうまみを大好きな犬は多く、与えると喜んで食べることでしょう。

 

ですが、犬は肉食の動物であり、最も重要な栄養素は動物性タンパク質のはずです。野菜ばかり与えていると、肥満の解消にはなるかもしれませんが、必要な栄養素を得ることができません。

 

  • 免疫力の低下
  • 皮膚炎になりやすくなる
  • 関節痛になりやすくなる

 

このような症状が現れやすくなるため、タンパク質不足は避けたいところです。

 

尿路結石も心配

 

野菜ばかり与え続けていると、野菜に含まれるシュウ酸カルシウムを過剰に摂取することになります。

 

シュウ酸カルシウムは尿路結石の原因と言われている成分のため、尿路結石のリスクがアップしてしまいます。

 

栄養バランスが大切

 

犬にとって最も必要な栄養素であるタンパク質をしっかりと与えたら、野菜から補う栄養素はそれにプラスするくらいでOK。タンパク質の1/3程度の割合で与えるくらいが丁度いいでしょう。