愛犬の健康を守るフード選びのコツを紹介。

 

愛犬がかかりやすいさまざまな病気の中でも、最もかかりやすいと言われている病気が歯周病です。特にシニア犬になるとその多くが歯周病にかかっていると言われています。

 

歯周病とはどのような病気なのか、そして歯周病を予防するためのドッグフード選びについて見ていきましょう。

 

柴の歯

 

歯周病とはどのような病気なのか

 

歯周病は、愛犬の多くがかかりやすい病気のひとつで、シニア犬になるとその約80%が罹患していると言われています。

 

飼い主さんの中には、たかが歯の病気だとあまり深く考えず、放っておく人もいるようですが、進行すると症状が重くなり、全身麻酔をし入院、その治療費には数万円もかかることもあるため、きちんと予防してあげることが望ましいと考えます。そもそも歯周病とはどのような病気なのでしょうか。

 

愛犬の歯磨きこまめにしてる?

 

愛犬が食事をすると食べかすなどが口内に残っており、それを歯磨きなどできれいに除去してあげなかった場合、約1日24時間程度で、歯垢へと変化します。

 

この歯垢の段階では丁寧なブラッシングやケアなどで取り除くことが可能。ですが、このまま放っておくと、約2〜3日で、この歯垢は歯石へと進行します。

 

歯石へと進行してしまうと、ブラッシングなどのホームケアでは除去は不可能。獣医による適切なケアでないと対処できません。その間にも、歯石の中で最近が大量に増殖中。この細菌により、細胞や歯肉組織を破壊するやっかいな歯周病を発症するのです。

 

歯周病の気になる症状

 

  • 口臭
  • 食欲が減少
  • 歯茎から出血している
  • 歯がぐらぐらになっている
  • 歯が抜ける
  • 膿が溜まっている

 

歯が抜け落ちるようなことになると、それはもうかなり症状が進行してしまったかなり悪い状態です。すぐに獣医師に診てもらう必要があります。

 

本当に怖い歯周病

 

歯周病は単なる歯の病気ではありません。歯周病を引き起こす細菌から発せられる毒素は、体中、あちこちに悪影響を及ぼします。

 

歯周病から動脈硬化などを引き起こしてしまう場合もあるのです。そのため、歯の病気だからと放っておかず、歯周病にならないよう気を付ける必要があります。

 

歯周病予防におすすめのドッグフード選び

 

嗜好性が高いからとウエットフードばかりを与えていると、歯垢が蓄積しやすくなってしまいます。適度な硬さで、歯垢を取り除きやすいドライフードがおすすめです。

 

  • 歯垢が取れやすい形に工夫されたもの
  • 適度な硬さのドライフード
  • 歯垢が溜まりにくい成分が配合されたもの
  • ある程度の大きさがありしっかりと噛めるもの

 

このようなものを基準に、ドッグフードを選んであげましょう。