愛犬の健康を守るフード選びのコツを紹介。

品質の良いドッグフードを食べさせたいと思うのは愛犬家なら当たり前のこと。ですが、日本のペットフードの質の管理は、欧米に比べるとまだまだというのが実際のところです。大切なペットのためにどのようなフードを選べばよいのでしょうか。

 

原材料の品質

 

犬は肉食動物です。愛犬にとって一番必要なのはタンパク質。それも動物性タンパク質が一番合っていると言われています。肉や魚、卵などが動物性タンパク質ですが、それら原材料の品質もとても重要になってきます。品質の良いものは、鶏肉やラム肉などのシンプルな表記。

 

ですが、あまりおすすめ出来ないものはどのような肉なのか、どの部分なのかはっきりとした表記はなく、○○ミールや○○副産物などあいまいなことが多々あります。このようなものは気を付けた方が良いでしょう。

 

添加物にもこだわる

 

品質の良いドッグフード、高級品であるプレミアムドッグフードなどにも添加物は含まれています。それはドッグフード自体の品質を保持するために必要なものでもあります。ただし、質の良いドッグフードはそれら添加物に天然原料を使用していることが多いです。

 

ハーブや植物のエキスから抽出したものを使用しているため、化学合成された添加物よりも消費期限は短くなります。ですが、愛犬の健康を考えると、少しでも体に優しいものを選んであげたいですね。

 

安全で安心なドッグフードを選ぶ際、ポイントになることがひとつあります。それは国際規格です。特に海外産の品質の良いドッグフードは、海外の厳しい規格を通過したものが多くあります。原料はもとより、その品質管理も徹底しており、安心安全と言えるでしょう。そのような国際規格を取得したドッグフードであることも、ドッグフード選びのヒントになるかもしれません。