愛犬の健康を守るフード選びのコツを紹介。

ドッグフードを選ぶ際、最も気になるのは価格ではないでしょうか。毎日食べるものですから、当然のことと言えます。それに加えフードタイプの種類も豊富なため、どれを選んだら良いのか迷ってしまうのが現実。ドッグフードジプシーも気になるドッグフード選びのポイントとは。

 

価格

 

女性

ドッグフードには幅広い価格帯の商品が存在します。ドッグフード、プレミアムドッグフードときて、最高級ラインホリスティックドッグフードまで品揃え豊富。価格が高ければ使用している原料も違い、質も良いため、その方が良いのは分かっているけれど、各家庭によってドッグフードにかける予算が違います。

 

通常のドッグフードは1kg1円〜500円程度と言われていますが、あまりにも安いものはおすすめしません。プレミアムドッグフードとまでは行かずとも、安すぎない程度のものは最低限選んであげてほしいと思います。

 

 

フードタイプ

 

ドッグフードにはさまざまタイプがあり、代表的なものと言えばカリカリとした食感が魅力のドライタイプと、しっとりとした食感のウェットタイプではないでしょうか。どちらにもメリットがあり、ドライタイプは保存しやすく、食べ残しに便利。またその食感はストレス解消にもなると言われています。

 

ウェットタイプは十分な水分を含んでおり、ウェットタイプを好む愛犬も多くします。口の小さな小型犬には、ウェットタイプの方が食べやすい場合もあります。愛犬の犬種や好みによって選んであげてください。

 

毎日食べているドッグフードの良さは、愛犬の便に現れます。適度に硬く、茶色からこげ茶色。臭いもきつくなく、1日数回というのが理想です。硬すぎたり柔らかすぎたり、色が変だったり、排便回数が極端に少なかったり、逆に多すぎたりした場合は、一度ドッグフードを見直す必要があります。血が混じっていたり、白っぽい粘着物が付いている場合など、すぐに動物病院への受診が必要です。フードの切り替えを検討する際、犬の身体との相性が心配な場合はサンプルを利用してみるのも有効です。