愛犬の健康を守るフード選びのコツを紹介。

ドッグフード選びには気をつかっているという飼い主さんも多いと思いますが、

 

犬の体の大きさにより、さまざまな部分に違いがあるといいます。その違いに着目し、ドッグフードを選ぶことで、愛犬によりぴったりのドッグフードを選ぶことができるでしょう。どのような部分に着目する必要があるのでしょうか。

ドッグフード

大型犬と小型犬の代謝の違い

 

さまざまな種類のドッグフードが発売されており、どのようなドッグフードを選べばいいのか分からないという飼い主さんも多いと思いますが、愛犬の体の大きさに着目することも重要です。

 

大型犬と小型犬では、さまざまな違いがありますが、その違いのひとつに代謝量が挙げられます。消費されるエネルギーの量に違いがあるのです。

 

大型犬は体が大きいため、エネルギー代謝が大きい、多いと思われがちですが、実は小型犬と比べるとその消費量は約1/2程度であると言われています。それはつまり、「小型犬よりも太りやすい」ということです。そのため、大型犬は特に肥満にならないよう、カロリーなどに気を使った食事である必要があります。

 

粒の大きさにも注目

 

大型犬は小型犬と比べ、実は肥満になりやすい体質であると言われていますが、肥満を防ぐために重要なポイントのひとつが、粒の大きさです。

 

ドッグフードにはさまざまな形があり、歯石をそぎ落とし、虫歯歯周病を防ぐタイプのものなどもあります。大型犬には、粒が小さすぎないものを選ぶといいでしょう。

 

粒が小さいと、ガツガツと丸のみしてしまい、早食いになる原因となります。早食いは肥満の素を言われますが、しっかりと噛んで食べられるよう、ある程度の大きさと硬さのあるドッグフードを選ぶことをおすすめします。