愛犬の健康を守るフード選びのコツを紹介。

 

無添加はその名の通り、添加物が入っていないという意味です。ただしきちんとしたガイドラインが定められているわけではなく、曖昧であるともいえます。

 

そんな中無添加ドッグフードに注目が集まっています。無添加ドッグフードとはどのようなものなのでしょうか。

 

ハーブ

 

添加物の危険性

 

無添加とは、添加物が入っていないという意味です。添加物には保存料着色料酸化防止剤などが挙げられますが、添加物にもさまざまな種類があります。
ドッグフードを例に挙げると、最も危険な添加物はこのようなものがあります。

 

BHA・BHT、亜硝酸ナトリウム、赤色着色料、エトキシキンなど

 

特にBHA・BHTに関しては、発がん性があるとして、非常に危険な添加物に指定されています。

 

ペット先進国の欧米と違い、日本ではまだペットフードは食品として扱われていません。そのため、未だに危険なドッグフードが存在する可能性もあります。

 

添加物はアレルギーの原因となったり、涙やけ皮膚病を引き起こす危険性もあるため注意が必要です。

 

添加物の必要性と安全な添加物

 

添加物は危険なものがありますが、ドッグフードの品質保持のために必要なものでもあります。

 

添加物によって品質保持をしておかないと、酸化の進行が早まったり、品質が劣化し保存できないということになっていまいます。

 

そこで、安全な添加物を使用し、品質を安定させることがあります。危険な合成添加物に代わり、天然原料などを使用したものです。

 

ローズマリーエキス、ビタミンE、グレープフルーツエキス、ジンジャーエキスなど

 

このような天然の植物ハーブのエキスを使用することで、安全でありながら、ドッグフードの品質保持をしているものがあります。ドッグフードを選ぶ際は、パッケージを見て確認することをおすすめします。