愛犬の健康を守るフード選びのコツを紹介。

 

チキンやビーフなど、ドッグフードにはさまざまな種類の味付けがされています。そんな中でも何味が一番人気なのか、犬はどのような味を好むのか気になるところですが、実は犬の味覚は人間とは異なる部分がたくさんあることが分かりました。愛犬の味覚について解説します。

 

口を開けた犬

 

犬の味覚は人間とは違う

 

私たち人間が味を感じる部分は、舌にある味蕾という部分です。人間の味蕾の数は約1万個。犬にもこの味蕾があり、味を感じ取っていることは同じですが、決定的に違う部分は、その数です。

 

人間の味蕾が約1万個であるのに対し、犬にある味蕾は約2000個と、人間の5分の1程度しかないのです。

 

人間は「甘み」・「酸み」・「塩辛み」・「苦み」・「旨み」を感じることができますが、犬は「旨み」を感じる味覚はありません。

 

犬はもともと肉食動物で、獲物を狙い狩りをしていました。人間のように食事を味わって食べるといった習慣はないのです。

 

獲物を引き裂き丸飲みする性質を持っている犬は、人間に比べ味覚に非常に鈍感な動物であると言えます。そのため、同じドッグフードを毎日食べていて飽きないのか・・・などという心配は無用なのです。

 

犬は味覚よりも嗅覚重視

 

犬にとって最も重要視されるのは、味でも食感でもなく、匂いです。犬の嗅覚は人間の約40倍と言われており、匂いを感知する能力に優れています。そのため、食事には味よりも匂いがとても大切なんです。

 

ドッグフードを少し温めて匂いを強くするなどの工夫をしてあげると、急に食欲が増して食べ始めるのはそのような性質のためです。