愛犬の健康を守るフード選びのコツを紹介

 

もともと犬は狩りをして生活していた肉食動物。肉の消化に適した体の構造をしており、動物性タンパク質が最も重要な栄養素であることは有名です。

 

ドッグフードにはさまざまな種類がありますが、使用されている原料の肉の種類もさまざま。どのような種類の肉が使われているのか、その違いについて見ていきましょう。

 

原料となる肉の種類と特徴

 

肉

 

鶏肉

最も手に入りやすくポピュラーな肉。手作りごはんの場合も安価でタンパク質も豊富で使いやすい肉のひとつです。

 

しかも高タンパクでありながら低カロリー。ヘルシー肉であることも魅力。その一方でアレルギーを起こす場合もあるため、アレルギー症状のある愛犬にはアレルギーチェックを行って与えるのが安心です。

 

牛肉

牛肉もタンパク質を豊富に含む肉。ミネラル群が多く含まれており、亜鉛鉄分もたっぷり。さまざまな栄養素が豊富に含まれている牛肉ですが、その分脂質カロリーも高め。肥満気味の愛犬には向いていないのかもしれません。

 

豚肉

豚肉もヘルシーな肉のひとつであり、特に疲労回復効果の高いビタミンB群が特に豊富。ですが、肉の中でもあまりドッグフードには使われないマイナーな肉であると言えます。

 

手作り派の飼い主さんもどちらかといえば避ける人が多いようです。生食には向かず、しっかりと過熱しないと食べられない肉です。

 

鹿肉

鹿肉は最近特に人気の肉種であり、鹿肉を使用したドッグフードの種類が増加中。鶏肉並みに低カロリーでありながら、豊富なタンパク質と栄養素を含んだ犬が大好きな肉のひとつ。ビタミンやミネラルに加え、不飽和脂肪酸も豊富。アレルギーになりにくい肉としても有名です。

 

羊肉

一般的にはラム肉と呼ばれている羊肉。高カロリー高脂質の肉ですが、カルニチンという脂肪燃焼効果の高い成分が豊富なため、ダイエット効果もあるとされています。不飽和脂肪酸、ビタミンとミネラルも豊富ですが、アレルギーを起こしやすい肉とされています。

 

馬肉

高タンパクでありながら、低脂肪低カロリー。しかもアレルギーを起こしにくい肉としても有名。リノール酸やオレイン酸、αリノレン酸などの不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。

 

七面鳥

七面鳥も良質なドッグフードに良く使用されている肉で、ターキーと呼ばれています。アレルギーになりにくい肉のひとつです。コレステロールも少なくてとてもヘルシー。消化がとてもいいのも特徴のひとつで、鶏肉アレルギーの愛犬には鶏肉の代わりに七面鳥を使用したドッグフードを与えることが多いようです。

 

このようにさまざまな肉の種類があり、それぞれに特徴が違います。愛犬の体調や好みによって選んであげてください。