愛犬の健康を守るフード選びのコツを紹介

 

今愛犬に与えているドッグフードの原産国はどこでしょうか。国産でしょうか?それとも海外産ですか?さまざまなドッグフードが種類も豊富に登場するなか、国産と海外産のドッグフードの違いが気になります。どのような違いがあるのか調査します。

 

国産と海外産の違いとは

 

チェックリスト

 

国産と海外産のドッグフードの大きな違い。それは食品であるかそうでないかということです。国産と聞くととても安全であるというイメージがありますが、日本においてドッグフードは食品として扱われていません

 

そのため、さまざまな規則やガイドラインは、食品における基準とは違うと考えておかなければいけません。海外、主に欧米などのペット先進国では、ドッグフードはもちろん食品扱い。その規定もとても厳しいものになっています。

 

日本のドッグフードのガイドラインとは

 

日本ではペットフードは食品として扱われていません。民間でさだめられた規則や国が定めたガイドラインに沿って製造されています。農林水産省と環境省が定めた国のガイドラインはペットフード安全法と言われるもの。

 

さまざまな規則が設けられてはいますが、食品としては使用不可能な成分が規制されていなかったりと、まだまだ完璧に安全だと言えるものではありません。日本はペットフードに関しては海外と比べ後進国であると言えるでしょう。

 

ペット先進国欧米諸国のドッグフード事情とは

 

外国人女性とペット

 

ペット先進国と言われる欧米のドッグフードはどのようなものなのでしょうか。例えばアメリカでは、FAD(食品医薬品局)とAAFCO(アメリカ飼料検査官協会)という代表的な2大基準があります。国や州、民間団体などさまざまな基準を完全にクリアしたフードのみが販売できるようになっています。

 

ヨーロッパも同じで、原材料や副産物まで厳しく管理されています。ドイツにいたっては、ドッグフードのすべてはヒューマングレード、人間が食べることができるものでなければ販売できないルールであり、日本のガイドラインとは一線を画しています。

 

このように日本と海外のドッグフードではさまざまな違いがあることが分かります。愛犬のドッグフードを選ぶ際は、これらの違いを念頭に選ぶことをおすすめします。