愛犬の健康を守るフード選びのコツを紹介

 

ドッグフード選びにおいて、ドライフードとウェットフードどちらを選ぶか迷ったことはありませんか?ドライフードにもウェットフードにもメリットはあり、使い分けが大切。この2つのフードの違いはどのようなところにあるのでしょうか。

 

ドライフード

 

ドライフードとウェットフードの違いとは

 

ドライフードとは加熱発泡処理された固形状で、製品水分量10%以下のフードのこと。一方のウェットフードは、品質保持のために殺菌処理を行ってからパウチや缶に詰められた、製品水分量75%程度のフードのこと。

 

これらを見てみると分かるように、ドライフードとウェットフードの最も大きな違いは水分量にあると考えられます。

 

ドライフードのメリットとデメリット

 

メリット

  • 水分量が少ないためカビが発生しにくく保存しやすい
  • 硬さがあるため歯垢を除去してくれる
  • 総合栄養食タイプが多く1つでさまざまな栄養素を満たしてくれる
  • ウェットフードと比べ価格が安価
  • カリカリの食感がストレス解消につながる

 

デメリット

  • 嗜好性がなく食いつきが悪くなる
  • 水分の含有量が少ないため水分不足になりやすい

 

ウェットフードのメリットとデメリット

 

ウェットフード

 

メリット

  • 水分の含有量が高いため同時に水分も補給できる
  • 嗜好性が高く食いつきが良くなる
  • 柔らかくて食べやすい

 

デメリット

  • 一度で使い切りタイプなので保存ができない
  • ドライフードと比べ高価
  • 食べかすが残りやすいため歯周病の原因になりやすい

 

ドライフードとウェットフードの使い分け

 

ドライフードとウェットフード、そのどちらにもメリットとデメリットがあり、状況によって使い分けることが大切です。例えば泌尿器系の病気になりやすい愛犬の場合、水分が必要不可欠です。

  • 水分不足にならないようドライフードをウェットフードをローテーションで使用してみる
  • 食欲が一時的になくなった場合にドライからウェットフードに切り替えてみる
  • シニア期に歯が弱くなった場合ウェットフード食べやすく

 

このように愛犬の状況を観察し、時と場合にドライとウェットを使い分けることで、しっかりと栄養を補給し愛犬の健康を守ることができます。