愛犬の健康を守るフード選びのコツを紹介

 

たった約10年間の間に、子供の食物アレルギーが約2倍になったというデータがあります。人間のアレルギーは昔と比べ増加傾向ですが、犬の世界にもアレルギーは広がっているようなのです。

 

愛犬に気になる症状はありませんか?愛犬のアレルギーとはどのようなものか、またその場合のドッグフード選びについて見ていきましょう。

 

くしゃみをする犬

 

アレルギーとは

 

厚生労働省のデータによると、私たち現代人の約半分は、なんらかのアレルギー症状になやんでいると言います。昔と比べアレルギー症状を訴える人が増加している現在、犬の世界にもアレルギーは蔓延しているようです。

 

アレルギーとは、体内にある免疫抗体が、外部からのなんらかの物質を有害な侵入者であると判断。それによってヒスタミンという物質が大量にまき散らすことによって起こる症状。有害な侵入者である原因、アレルゲンはさまざまです。

 

愛犬のアレルギーの原因とその症状

 

愛犬になにか気になる変化はありませんか?このような症状が見てとれるとしたら、アレルギーを疑った方がいいかもしれません。

フケや脱毛・体をかゆがる・湿疹・下痢・嘔吐・発熱・目や口などが赤く充血・鼻炎症状

 

このような症状は、アレルギー症状の代表的な症状。早めのケアをしてあげなければいけません。気になる原因ですが、このようなものが一般的です。

  • 食物
  • 花粉
  • ハウスダスト
  • ノミやダニ
  • 添加物
  • 金属など

 

人間と同じような原因が多いことが良く分かります。

 

どんなドッグフードを選べばいいのか

 

小麦

 

毎日のドッグフード選びの際はこのようなポイントをチェックし選ぶことをおすすめします。

 

穀物が少ないドッグフード

アレルギーの原因となるのは圧倒的に食物が多くなっています。中でも小麦などの穀物はアレルゲンになりやすい食材。

 

もともと犬は穀物の消化が苦手な生き物であるため、穀物が少なく、動物性タンパク質であるが豊富に配合されているドッグフードを選ぶべきです。

 

合成添加物の入っていないドッグフード

安価なドッグフードに多いのが、使用するべきではない危険な添加物や、化学合成された酸化防止剤着色料などを使用したドッグフード。

 

これらの添加物に過剰に反応してしまう愛犬も多くいます。酸化防止剤には天然のビタミンや自然のハーブなどを使用しているドッグフードを選ぶことをおすすめします。

アレルギー専用ドッグフード

種類も豊富なドッグフードの中には、アレルギーを持っている愛犬のための専用ドッグフードがあります。動物性タンパク質である肉に反応してしまう愛犬もいますが、そのような愛犬のために主原料にを使用したものまであり、愛犬がアレルギーの飼い主さんにとってはとても心強い味方です。

 

まずは、どのようなアレルゲンによって症状が起こっているのかを病院で調べてもらいましょう。その結果を踏まえたうえでドッグフードを選んであげてください。

 

アレルギーを起こしにくくなるコツ

 

アレルギーのリスクを軽減させる方法として、フードローテーションなるものが注目されています。これは同じものばかりを食べ続けていると、アレルギーのリスクがアップするとして、食べる食材を数ヶ月ごとに変化させていくというものです。アレルギー症状軽減を目指し、試してみるのもいいかもしれません。